JB、W.B.S.、TBC。三大トーナメントすべてで勝利 成田 紀明(なりた のりあき) 1972年1月9日生まれ、東京都出身。霞ヶ浦や利根川を中心に、琵琶湖や桧原湖などで活動するプロガイド。さまざまなフィールドでゲストに釣果をもたらせるのは、釣りの技術の確かさゆえ。その腕は全国を転戦するJBワールドシリーズ(現TOP50)、霞ヶ浦のW.B.S.、利根川のTBCでの優勝が証明している。

生涯一軍。徹底した現場主義から生まれた本当に必要な道具

REGISTAには、簡単に世代交代してしまうようなモデルはひとつもない。PRを担う成田紀明でさえ、旧モデルをいまだに現役で使っているほどだ。その理由は成田の開発姿勢。現場主義を貫き、「バスを快適に釣るための道具であれ」というコンセプトどおり、実際の釣り場で必要とされた性能を追い求める。たとえそれが一般的でないスペックであっても、商売的な色気から売れ線に寄せることはない。だからこそ時代の波に洗われることなく生涯一軍で活躍できる。この先数えきれないロッドが生み出されたとしても、あなたの手からREGISTAが離れることはないだろう。

HEADLINES

REGISTA FNC-71M -LIGHT FLIP-

SPEC

●継数:1 ●全長(ft/cm):7'1"/216 ●自重(g):108 ●推奨ルアー(oz):1/8~3/8 ●ライン(lb):8~16
●パワー:M(ミディアム) ●テーパー/アクション:R/レギュラー
●使用用途:ライトテキサス、ノーシンカーなどでのフリッピング

ライトテキサス、ノーシンカー、バックスライド系ワーム、スモラバ、ネコリグなど多彩なリグをフリップで、繊細にカバーへアプローチし攻略できるフリップ専用モデル。
新設計のブランクスにTriarchy Force製法を採用することで、ライトリグをフリップでカバーに送り込めるキャスタビリティと繊細なルアー操作性、フォール中の微かなバイトを感知する感度、カバーから一気にバスを引きずり出すパワーなど、縦の釣りに必要な全ての要素を手に入れた、究極のフリップスペシャルロッド:LIGHT FLIPが誕生。 

REGISTA FNC-66MMH -SUPER TEXAS RIG-

SPEC

●継数:1 ●全長(ft/cm):6'6"/198 ●自重(g):109 ●推奨ルアー(oz):3/16~3/4 ●ライン(lb):8~16
●パワー:M+(ミディアムプラス) ●テーパー/アクション:RF/レギュラーファースト
●使用用途:ジグ、テキサスリグ

ジグ、テキサスリグに特化した究極の感度を持つスーパーテキサスリグロッド。
新設計のブランクスにTriarchy Force製法を採用することで、抜群の感度と、パワーフッキングが決まるベリーからバットのパワーを両立。ダウンヒルコントロール、ハングオフ、アプローチ全てのルアー操作を完璧にこなす事ができる理想的なベンディングカーブを実現。 
バルキーなワームと軽いシンカーの組み合わせや、小さなワームに重いバレットを使用するなどの変則的なリグにも対応する、究極のジグ/テキサス ロッド:SUPER TEXAS RIGが誕生。