フィールドスタッフブログ
2010/05/24

東京湾イカのおかっぱりパート?(接待編) (渡辺 善孝)


フィールドスタッフの渡辺です。前回に引き続き、まだまだ好調の東京湾イカのオカッパリを報告致します。

前回の私のレポートを見て「私もイカ釣りに連れてってくれたまえ!」と、自分をシャア大佐と思い込んでいるFプロを、

接待ゴルフならぬ「接待イカ」に招待することになりました(5月18日)。

万全を期して午前中からの釣行予定でしたが、いくら待てどもFプロは現れず、結局、14:30からの釣行となりました。

しかし、ポイントに到着し、2投目ですぐにイカをキャッチ出来ました。

 

    

もちろん、エギ薫です。この日は強風だったので、3.5号シンキングをメインに使用しました。

その後も断続的にバイトがあり、全く場所を移動せずにほとんど座ったままで5杯GETしました。

Fプロはアオリイカの経験があるものの、コウイカ類は初めてで、最初は苦戦しましたが(アオリの方が断然難しいです)、

無事キャッチする事が出来ました。接待完了です。

 

2時間半ほどの釣行でしたが、その間、周りにいたアングラー十数人のロッドが曲がる事はありませんでした。

もしかして私の腕?いやいや、コウイカ類は腕などほとんど関係なく、エギのスペックがとても重要です。

やはり匂いが効くんですかねえ?。カラーも豊富ですので、是非試して下さい。

この日は気温が25℃を超え、とても暑い中での釣りでした。そんな時は冷たい飲み物が欲しくなります。

そこでとても便利なのが、ガルプ!アライブ!・タックルバッグ(非売品)がお勧めです。

 

   

(情報によるとキャンペーン賞品とか??お見逃しなく!!)

保冷効果抜群ですので、ジュースや食料を入れるのにも便利ですし、もちろん、ルアーやワームを入れても良いです。

クーラーと違ってかさばりませんので、このバッグ一つ持って釣りに出掛けるなんてのもお勧めです。

<タックルデータ>
ロッド:シードライバー SDS-71L
ライン:ファイヤーラインクリスタル10ポンド
ルアー:エギ薫3.5号シンキング(サクラピンク)

















«前へ
<瀬戸内のコチゲーム>
 
 次へ »
JB生野銀山湖第1戦 (サブロー編)